スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.10.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

男性側に不妊の原因が考えられる場合

不妊の原因は、女性側だけにあるわけではありません。

パートナーである、男性側に問題がある場合も考えらます。
女性側が、産婦人科を受診して、特に問題が見られなかった場合は、
男性も検査をする必要がでてきます。

男性の不妊症には、精子減少症、無精子症、精子死滅症、精子過剰症
が考えられます。

男性側の不妊の原因は、
クラインフェルター症候群による男性不妊、
停留睾丸による男性不妊、
おたふく風邪による男性不妊、
精索静脈瘤による男性不妊、
飲酒・喫煙による男性不妊、
男性不妊と精子の通路障害

などが考えられます。

男性の検査は、「精液検査」を受けるにあります。

精液検査は、不妊専門クリニック・泌尿器科で行います。
基本的にはマスターベーション法により行います。

男性は、1回射精すると、前と同じくらいの量の精子を得るには
少なくとも3日はかかります。

そのため、クリックに行く3日間は禁欲されることをお勧めします。

また、一回の精液検査ではうまく検査することができず、
数回にわたって検査が行われる場合もあります。




スポンサーサイト

  • 2010.10.17 Sunday
  • -
  • 16:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



男性側に不妊の原因が考えられる場合 | 不妊治療 精子バンクAID人工授精という選択TopPageへ▲